自分で卵子が作られないときに利用できる

結婚をすると子供を作ろうとします。女性には卵子があり、男性には精子があります。それらが女性の体の中でうまく結びつけば受精卵になり、さらに進めば子供になります。しかし、子供を作ろうとしてもなかなか子供ができない時があります。子供ができないときは女性側に問題があるとき、男性側に問題があるとき、どちらにも問題があるときがあります。まずは検査などで問題点を見つけ、妊活などの活動をしていきます。この時、女性側の問題として卵子が作られない状態なら卵子提供と呼ばれる選択が取れます。第三者から卵子の提供を受け、夫の精子と体外受精をした後に妻の体内で成長させる方法です。誰もが受けられるわけではなく、一定の条件を見たつ必要があります。

国内で受ける方法と国外で受ける方法がある

各国で医療に関する取り扱いが異なります。薬などはそれぞれの国で認可されているので、別の国で治療薬として使われている薬がなかなか使えないなどがあります。薬以外でも医療技術の利用にも各国で違いがあります。不妊の時に取れる方法として卵子提供があり、一応日本でも受けられます。しかし日本では一定の条件を満たさないと受ける権利が得られません。そのままだと希望の時期に子供が得られない可能性が出てきます。卵子提供の治療は国外でも行われています。国外でもそれぞれ基準があるので、日本で基準に合わないときには国外での治療を検討すると良いかもしれません。日本よりも基準が緩いところもあります。どこで受けるのかなどの判断が必要になります。

日本における卵子提供は一部の医療機関では可能ですが、一定の条件が設けられています。遺伝的に妊娠が不可能な方などが条件に該当します。