災害やトラブルが起きても継続して事業を行うためにBCP対策は必須です。BusinessContinuityPlanの略で事業継続計画と日本では呼ばれています。近年東日本大震災の影響により企業の間では重要度が増しているのが特徴です。具体的な対策内容ですが企業が継続するためにどのようなことが必要なのかを洗い出します。自分の会社にどのような危険があるのか、その対策を行うためにはどのような設備が必要なのかを検討するのが基本です。IT系企業の宝といえば顧客のデータや開発データと言えるでしょう。自社サーバーにこれらのデータを保存した場合、災害時にサーバーが破損してデータを取り出せなくなる危険性もあります。完全サーバーが壊れてデータ事態をなってしまうリスクもあるので重要です。クラウドを利用してデータセンターに保管するといった作業が理想的といえます。月額料金を支払うことで安全なデータセンターにデータを預けおけるのが特徴です。センター自体は災害に強い仕様をしているので地震や津波による影響を受けにくくなっています。24時間監視状態でセキュリティもしっかりしているため、ハッキングの心配もないです。

マニュアル作りは必須

トラブルが起きてからどうすればよいのか迷ってしまいますが、事前にマニュアルを作っておけば安心です。こういうときにはどうすれば良いのか、まず誰に蓮蕾をするべきかを書いておくとスムーズに災害時の対策を行えるでしょう。

BCP対策を作成する際には、専門に作成してくれる企業があり、業種によって細かくマニュアルを作成してくれます。