LED照明とは、どんな照明なのか!?

LED照明のLEDの部分は「Light Emitting Diode」の略称です。日本語に訳すと「発光ダイオード」となります。LED照明はこの発光ダイオードを利用した照明のことで、電気を流すことで明るく光ります。蛍光灯や電球などと比べてメリットが多く、様々な場所で導入が進んでいるようです。

LED照明のメリット

LED照明には様々なメリットがありますが、まず挙げられるのが省エネルギーであることです。白熱電球と比べて、LED電球の消費電力は20%~25%程度だと言われています。蛍光灯と比べてもエネルギーの消費量が少なく、結果として電気代が安くなります。CO2の削減にも役立っており、地球にも優しい照明だと言えるでしょう。また、LED照明は長持ちするというメリットもあります。蛍光灯の寿命は1万時間ぐらいだと言われていますが、LED照明の場合は5万時間以上です。消費電力が少ない上に長持ちすることは、経済的にも助かります。その他、紫外線がほとんど含まれていないことや、発熱しにくいということもメリットとして挙げられます。熱の発生を考慮しなければならない場所でも、発熱しにくいLED照明であれば設置が可能です。

LED照明のデメリット

メリットが多いLED照明ですが、デメリットもあります。それはズバリ、値段が若干高いことです。昔と比べればだいぶ安くなっていますが、それでも他の照明と比べれば高価です。しかし、長寿命で省エネルギーのメリットが大きいので、購入時の負担はきっと解消できるでしょう。

LEDライトパネルによる宣伝を効果的に行うためにはパネルを目立ちやすい位置に置く他、周囲の遮蔽物を除去することが大切です。また、周囲を暗くしてLEDの照明を引き立たせる方法もあります。