設計の現場で欠かせないCADとは?

CADとは、コンピューターを使って設計や製図を行うシステムのことです。数枚の透明のフィルムを重ねるようにレイヤーが設けられており、別々の層に文字と図面を分けて書くことができるという特徴があります。数種類の線を使い分けることで、より緻密な図面の作成が可能となります。正確で美しい図面を引くことができるため、CADは建築などの現場で重宝されているシステムです。

CADを使うメリットについて

それでは、CADを利用するメリットはどこにあるのでしょうか。前述の通り、CADの最大の特徴はレイヤーの存在です。層に分けて図面が構成できるようになっているため、大規模な修正も簡単に行うことができるのです。また、レイヤーごとコピーすることもできるため、複製を行いたい時に便利です。線のパターンも豊富に揃っており、どのような図面であっても表現することができるというメリットもあります。

CAD導入時の注意点

一口にCADと言っても、システムには様々な種類があります。誰でも無料でダウンロードできるフリーソフトの他、高性能な高額なソフトも販売されています。CADの種類ごとに操作方法が異なるため、学校などに通って操作方法を習得することが必要です。また、保存時にファイルの変換が上手くいかずにデータが破損することもあるため、使用しているパソコンとの互換性を確認しておくことも大事です。製図を行う際の便利なツールとして使いこなすためにも、事前に操作方法を勉強しておくようにしましょう。

電気CADとは、電気工事の設備図面や見積りなどをパソコンを使用して作成するソフトやシステムのことをいいます。利用することで業務の効率改善に貢献し、生産性の向上や利益の拡大に繋がります。