家で働くことのメリット・デメリット

在宅ワークという言葉がよく聞かれるようになってきました。これは文字通り家にいながら働くことですが、この働き方は人によってメリットとデメリットがはっきりわかれるのではないでしょうか。そのメリットとデメリットを紹介していきます。

時間の自由が利くのが魅力

まずメリットですが、真っ先に挙げられるのは通勤の必要がないということではないでしょうか。天気や電車の混み具合に左右されることもなく、移動に時間をとられることもありません。家から職場まで、徒歩で行けるほど近いという人でない限り、これは大きなメリットといえるでしょう。そして、通勤しないということは会社で面倒な打ち合わせや人付き合いに悩まされることもありません。仕事の内容にもよりますが、1人でこつこつとできる作業であれば邪魔されることなく進めることができますね。仕事をする時間、止める時間も自分の思いのままです。

自己管理をしっかりしないと…

次にデメリットですが、自分の裁量で全て行っていくので自己管理がしっかりできないと、かえって仕事の効率が悪くなるという点です。仕事の開始・終了時間がまちまちだったり、仕事中つい他の事に気をとられて時間を無駄にしてしまったり、職場より自由が利く自宅であればこそ起こりうる問題といえるでしょう。残業という概念がなく、つい働きすぎて生活リズムだけでなく体調まで崩してしまうということもありえます。自分でしっかりと時間の管理やプライベートと仕事のオン・オフができないと、期待したようには稼げないかもしれません。

在宅ワークを始める前に

ここで挙げたメリット・デメリットはほんの一例に過ぎません。在宅ワークをこれから始めようという人は、自分にとって何がメリットとなるかを検討した上で始めてくださいね。

在宅のコールセンターを始める事は、雇い主にも働く側にもメリットがあります。通勤の時間と料金を節約でき、働く人は身なりにかけるお金も使わず自宅で仕事できるので好条件となります。