免許取得の方法と教習所選びのポイント

運転免許は自動車で公道を走行する技術力を持っていることを公的に証明する免許です。法律で定められた内容の教習を受けて、試験に合格することで免許が発行されます。運転免許は対象の車両や取得者の運転経験などの条件で取得出来る物が変わるので、教習所の窓口で確認することが可能です。

運転免許取得に必要な教習を受けるためには自動車学校や教習所などの施設を利用するのが一般的な方法です。教育施設は名称ごとの違いではなく、都道府県にある公安委員会からの公認の有無で内容が大きく変わります。公認校は運転免許の取得試験のうち、技能試験が免除される利点がありますが、法律で規定されている教習内容を一通り受ける必要があります。非公認校は教習内容の規定が無いので苦手な部分だけを受講するなど、教習内容をある程度自由に設定出来ます。その一方で技能試験が免除にならないので、免許取得のためには試験場で全ての試験を受けることになります。

運転免許取得を短期間で取得する方法と注意点

運転免許を取得するための教習は複数日にかけて課題をクリアするのが一般的な流れですが、多忙な人は教習の時間を割くのが難しい問題があります。そのため、教習所の多くは一定期間の泊まり込みで全ての課題を行う合宿免許を受け付けています。

合宿免許は短期間で車両の運転免許を取得出来る方法として広く普及していますが、事前に決められたスケジュールは変更が出来ないことが多いので注意が必要です。また、合宿免許の期間中は専用の宿泊施設に泊まることになるので、仕事に就いている社会人は利用が難しい点も併せて注意します。

合宿免許の普通自動車運転免許は、卒業までおよそ15日となっているので、時間に余裕のある学生やフリーターの利用が大半を占めています。