電話占いとはなんなのか

占いと言われると、タロット占いや水晶占い、手相などを想像する人が多く、これらの占いはすべて対面形式の占いであることが多いです。おおよその場合は、占い師の定めた場所に占いを求める人が訪れて占いをしてもらうという形式をとって行われますが、電話占いとは自宅や携帯電話を通じて、時間や場所を気にすることなく占いのサービスを利用することができる占いのことをいいます。自動音声ガイダンスに従って占ってほしい占い師自分で指名する場合もあれば、オペレーターが取り次いで選んでもらった占い師に占ってもらう方法もあります。

電話占いの歴史とはなにか

電話占いが行われはじめたのは、1991年9月のことであり、その当時は占いダイヤルという名称で行われていました。1992年6月ごろにはコレクトコールによる電話占いが始まりました。当時は、長時間電話することに適した環境でなかったために、あまり普及していませんでしたが、200年代に入り携帯電話の普及と共に、気軽に利用されるようになっています。現在占いにあまり興味のない人であっても、電話占いを利用して気軽に電話占いをしています。

電話占いはなにを占うか

電話占いでは、通常の占いと同様にしてさまざまな内容の占いを行っています。恋人の気持ちや復縁の可能性、相性などといった恋愛面に関する占いにはじまり、仕事の適性や将来の姿などといった未来に関する占いも行います。このほか、健康に関する占いも引き受けている占い師もいます。どのような内容の占いを行うかは、通常の占い師と同様に得意分野などが存在しており、どのような内容を占ってもらうかのガイダンスやオペレーターのアドバイスに従って占い師を選ぶことが可能です。

電話占いが当たるのは本当かどうか考えてしまいますが、周りの目を気にしない落ち着いた空間で自己を曝け出し、話すので、真実の姿が出る観点からも強ち間違ってはいないと言えます。